TOPIC INFORMATION

アスベストがなぜ悪いのか?
どういった所にアスベストは使われてきたのでしょう
どうしなくてはならないのでしょう
アスベスト分析・調査について
アスベストの除去処理方法
アスベスト除去工事の流れ
弊社の展開 全国展開・直属分析会社
アスベスト工事関連費用・プラン

アスベストがなぜ悪いのか?アスベストとは?

アスベスト asbestos

石綿について

石綿(アスベスト)の有害性

石綿粉じんを吸入することにより、次のような健康障害が発生するおそれがあります。

  1. 石綿肺(じん肺の一種)
    肺が線維化するもので、せき等の症状を認め、重症化すると呼吸機能が低下することがあります。
  2. 肺癌(肺がん)
    肺にできる悪性の腫瘍です。
  3. 胸膜腹膜等の中皮腫(がんの一種)
    肺を取り囲む胸膜等にできる悪性の腫瘍です。

これらの疾病については、石綿粉じんを少量吸入しても発症する可能性があり、
また、石綿粉じん のばく露から発症までの期間が相当長いこともあります。
石綿を直接取り扱っていない場合でも、建築物から劣化した石綿粉じんが発散し、
その粉じんを吸 入する可能性があります。

アスベストでの社会の推移

石綿アスベストは、
1970年から1990年にかけて大量に輸入され、その多くは建材として建築物に使用されました。 今後これらの建築物の老朽化による解体工事の増加に伴い、解体工事従事労働者と、近隣住民への石綿による健康障害の発生が懸念されます。こうしたことを踏まえ、平成17年7月から、石綿障害予防規則に基づき、必要な措置を講じなければならないこととしてきましたが、今回、さらに、関係労働者の健康障害防止対策の充実を図るため、吹き付けられた石綿等の封じ込め又は囲い込み作業に係る措置等の内容が新たに盛り込まれた改正石綿障害予防規則が、平成18年9月1日より施行されます。