アスベスト調査

TC-JAPAN CO.,LTD

建築物石綿含有建材調査者、アスベスト診断士、在籍企業(株)ティーシージャパン

ティーシージャパンは、一般社団法人 ASA・建築物石綿含有建材調査者および、一般社団法人 JATI協会・アスベスト診断士が常駐する企業です。


認定証明書・終了証明証・登録証


建築物石綿含有建材調査者

修了証の画像
登録証の表画像
登録証の裏画像

一般社団法人建築物石綿含有建材調査者協会 (ASA)

国土交通省の「建築物石綿含有建材調査者」制度は、
2007(平成19)年の総務省の「石綿使用実態を的確かつ効率的に把握する方法検討」の勧告が契機となり創られた公的資格制度です。

国交省社会資本整備審議会アスベスト対策部会アスベストWGにより2008(平成20)年から制度検討が始まり
総合建設業、石綿除去業、石綿分析業、研究者、報道関係者、医師等の専門家が約3年間かけて
建築物石綿含有建材調査者の育成に必要な技術的事項の整備等に関わる検討を行いました。

これらの検討結果を受け、国土交通省は2013年(平成25)年7月30日に「建築物石綿含有建材調査者講習登録規程」を定め
建築物の通常の使用状態における石綿含有建材の使用実態を的確かつ効率的に把握するため
中立かつ公正に正確な調査を行うことができる建築物石綿含有建材調査者の育成を図ることを公示しました。

同年10月31日に国土交通省は、石綿含有建材調査の公的資格「建築物石綿含有建材調査者」制度の創設告示(国土交通省告示第七百四十八号)
に基づく一定の要件を満たした講習機関として、一般財団法人日本環境衛生センターを承認しました。

2015(平成27)年12月段階で、一般財団法人日本環境衛生センターの講習を終了した建築物石綿含有建材調査者は全国に560名となりました。

各県に複数名の調査者が確保され、国土交通省の公的資格創設理由である建築物の通常使用時の
石綿含有建材使用実態の的確かつ効率的な把握のための本格的な活動が期待されるようになりました。

これらの建築物石綿含有建材調査者の活動を推進し、継続的な能力向上および技術交流の場となる職能団体として
調査者講習講師、同運営委員・顧問が中心となり、2016(平成28)年4月に、
一般社団法人建築物石綿含有建材調査者協会を設立いたしました。



アスベスト診断士

アスベスト診断士修了証の画像  ACME認定証

アスベスト診断士登録証
アスベスト診断士登録者リスト 登録番号:726 山下 真


社団法人日本石綿協会「アスベスト診断士」

社団法人日本石綿協会では、既存建築物に使用されている石綿に関する管理のあり方あるいは解体前の事前診断等への
適切なアドバイスを行える人材の養成を目的として、当協会認定の「アスベスト診断士」制度を発足しました。

「アスベスト診断士」とは、以下に示す力量を兼ね備えた者として、社団法人日本石綿協会の認定する資格者を意味します。

  「アスベスト診断士」養成研修課程を修了・合格した者だけが
(社)日本石綿協会認定「アスベスト診断士」として認定登録されます。

建築物/工作物のどこにアスベストが使用されているかの診断

書面(設計図書、施工図面等)による一次調査、現場における二次調査

信頼性の高い分析機関の選択、委託と最終判断

建築物/工作物に使用されているアスベストの処理要否診断

建築物/工作物の解体等処理工事に対する適正工事のチェック診断

なお、研修に合格するレベルの知識を得ることにより
建築物/工作物の解体等処理工事に従事する作業者に対する教育も務めることが可能です。

調査の種類

含有調査: アスベスト ホルムアルデヒド PCB ダイオキシン 等


シックハウス対策

企業・個人宅でのアレルギー症状を引き起こす原因究明のための調査